古墳の石3

神社仏閣で配布される由緒書などの記述は、
現代の進んだ歴史学の前では虚構が多いです。

  この仏像は○○作で
  ここのお寺には有名な○○上人が
  この神社の発祥は○○によって

などの記述は、完全に偽と判明しているところも多数。

ただ、信仰の歴史と実際にあったことを調べる歴史学は違います。

当時の神社の格式、信仰を高めるための方便
寺院の布教用に作った物語。

そういった、人間の想像力で作り出した物語が信仰に繋がっていくようです。
カミナリ→神鳴り 葵→(神と)会うい 鏡→カガミ→神
など、上記のような見立てはあげるときりがありませんが
神と人間との繋がりや神と仏の繋がりを連想をし、なんでも繋げる連想力には驚かされます。

古墳の石4
[PR]
by munehito_miwa | 2008-10-01 14:08 | 天王社八幡宮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://saiho310.exblog.jp/tb/9234671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 仏縁? 古墳の石2 >>