消えるために生まれてくる(時期はずれの話)

3月の末日は雪でした

まさしく「春の雪」だなぁなんて、三島ファンとしては嬉しい気持ちになるのですが
なるべく温暖化で春に雪が降らなくならないよう、僕もすこしでも生活から心がけます。

ところで、雪といえば、雪だるまとか雪合戦とか、色々、連想されると思うのですが、

雪は結晶なんですよね

知識では知っているんですよ。
結晶なんだ、ということは知っている。



でも実は自分の眼で本物はみたことないな、と思い。
空に手をかざした。

曇天の空から、辺り一面に散らばる粉雪
自分の手のひらにもすぐに、3辺4辺と散らばる

みえない

すぐに手の雪がみれるように、眼を近づけて
なんかいも なんかいも手にうけて結晶を見ようとする。

見えた!!

と思ったら、もう無い
水滴に変わってしまった。
手のひらの体温で融けてしまうんだ、と気付いて
服の上に粉雪をのせてまた見る

見えた!!
と思ったら、もう無い
今度は服にしみこんで、しみにもならない。


一瞬だけど、本当に驚くほど綺麗で、夢中になる。


そんなことを繰り返しながら、時間が過ぎて

「こんなことをしてても仕方がないな」
と気付いて、部屋に戻ったのでした。


たまたま、雪の結晶として現われただけで
水滴になって、しみこんで、蒸発して、また空からおちてくるかもしれない。

今はたまたま

僕もたまたま

皆たまたま
[PR]
by munehito_miwa | 2006-04-18 11:05 | 瞑想 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://saiho310.exblog.jp/tb/1821491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hikarinonakani at 2006-04-20 01:12
無ぅ さま
この文章 素晴らしい。(拍手喝采) 本当に 素晴らしい。
Commented by munehito_miwa at 2006-04-20 20:30
◇mikiさん
にゃー
ほめすぎほめすぎ
Commented by harry_hk at 2006-04-21 20:36
なんでしょう、こんなにポエティックなのは。。。
素敵な言葉だと思いながら、えーっ、そんなキャラなんですかと突っ込みたくなる自分もいます。
というお年頃。

今日、名古屋では雹が降ってました。
Commented by hiruu at 2006-04-23 16:53
円周率ってなんでどこまでも続くんだろう、、、なんて考えていたときにmuさんの記事を読みました。
どこか雪の結晶にも関連しているような・・・なんてね。
子供の頃、丸いのの中に鉛筆の芯を差し込む穴がいくつかあいていて、それを少し大きめの穴の中でころがしていると雪の結晶みたいな絵が描ける、そんな定規がありました。
Commented by munehito_miwa at 2006-04-24 13:24
◇harry_hkさん
会うとハリーさんの思ってる通りのキャラだと思われます(笑)
エログロ和尚です。

◇hiruuさん
円周率かぁ・・・。
想像が拡がりますねー
永遠に終わりませんねー。
永遠に終わりたいのですが・・・。ムリムリメりメリ。
後、定規の情報求ム(懇願)
<< 常に無く 御忌 >>