謹賀新年

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

f0056808_13545022.jpg

元日の朝は雨もやみ、初日の出が堂内に射しこみました。

f0056808_13552712.jpg

本山の月刊誌『ひかり』「正月号」にて昨年の蓮生忌をとりあげて頂きました。

f0056808_13555863.jpg

修正会のお接待では、火鉢と鉄瓶でお茶。
[PR]
# by munehito_miwa | 2016-01-04 14:00 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)

聖夜茶会 於 西方寺

f0056808_16231286.jpg


聖夜茶会 於 西方寺

待合 アップルサイダー

初座 薄茶
花 柊
床 布袋さん 恵比寿さん ジングルベル
風炉先屏風 和歌 宇都宮頼綱
風炉 手あぶり火鉢
茶碗 萩焼
替 萩焼 馬上杯
菓子 シュトーレン
お茶 祝の昔 瑞松園

後座 八寸 燻製オイルサーディン チーズゴフレット酒粕クリームチーズのせ 生チョコカマンベール
演奏 辰巳央恵The Christmas Song 野中久美子 アメージンググレース(能管)

ワイン VINO DE MISA

監修 秘密結茶

f0056808_16232857.jpg


f0056808_16234260.jpg

[PR]
# by munehito_miwa | 2015-12-25 16:27 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)

「つどう音霊 さきはう言霊」12/6

「つどう音霊 さきはう言霊」

能管の野中久美子さんは風迢舎主催の公演を
無事におえることができました。
f0056808_15544517.jpg

書作家の吉永益美さん

とってものびやかな字を書かれる方でした。
仏具にはった小さい作品を置いていってくれたのですが
臨書していると、とても楽しいいい気持ちになりました。
素敵な笑顔の吉永さん本人が字に現れてるのだなぁ、と感じました。

f0056808_15573849.jpg

パーカッションの亮さん 柳川三味線の戸波さん
そして能管の 野中さん
素晴らしい演奏でした。

能管とパーカッションのセッション 
妖怪譚は妖怪の絵を投影して
その特徴を音で表現されて魂が吹き込まれるよう

f0056808_1603338.jpg

七福神がいらっしゃることは、こうやって言霊にてあらわれてくる

f0056808_1635416.jpg


終演後もしばらく、音霊 言霊 
出演者やお客様いがいにも色々な人がいらっしゃるような気配でした
[PR]
# by munehito_miwa | 2015-12-25 16:04 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)

明日の音霊 言霊

明日の野中さんのイベントの準備をしています。
年末の大掃除とからめての準備

先ほども、吉永さんの書作品が到着
プロジェクターの準備など、色々やることがありそうです。

演奏は野中さんの能管 柳川三味線の戸波さん
パーカッションの渡辺さん。

書の吉永さん、現在は清水寺に展示中
西方寺にも沢山作品送ってもらってるけど大丈夫なのか。

なんだかうちで多くの人にみてもらわなくて大丈夫なのか?
などと不安に思いつつ・・・

こちらのブログに地図を載せておきます


f0056808_1155244.jpg


以下は案内文

書と音楽の2本立てのイベントです。
書でお寺の本堂や庫裏を案内したり紹介したりしながら、文字のパワーと書の広がりを楽しんで頂いて、コンサートでは日常と違う別次元にお招きいたします。
見えない世界や普段は意識しない事柄にも目を向けて交流したいと思っております。

日時:12月6日(日)16時開場、17時コンサート

会場:西方寺(京都市右京区常盤出口町1)

予約料金:大人¥2,500/中学生以下¥1,500
    (当日は各¥500プラス)

出演者:吉永益美(書)
    渡辺亮(画・パーカッション)
    戸波有香子(柳川三味線)
    野中久美子(能管)
[PR]
# by munehito_miwa | 2015-12-05 12:06 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

新嘗祭のお手伝いに

新嘗祭(にいなめさい)
「新穀を天神地祇にすすめ、親しくこれを食する祭儀」

十日夜(とおかんや)
「刈入れが終わって田の神が山へ帰るとして祭る」

今朝は市内の神社にて新嘗祭

本殿の扉が開くのは、年に数日とのこと。
桶に汲んだ水で禊をし、懐紙でふき清めて、本殿へ

遠くのほうで車の喧騒は届いてはいるが
神域の森から聴こえる鳥の声と木々の擦れ合う音
太鼓で開式。祝詞、神職は方形の鍵を持ち
龍笛の乱声で開扉、献饌から撤饌まで。

普段、お寺にいると仏様が可視化されているが
神社では開扉といっても、中のご神体が拝めるわけではなく、

ただ、開扉の時に放たれる神職の言霊というか
開けた瞬間に、神域に神が放たれたような心持ちがして
畏れ多い気持ちになる。

見えないものを見ないで、感じるというか
今まで生きてる経験から感じてきたものから、
神を信じるというより、世のハタラキに畏まる気持ち
扉が閉まるまで、心がざわめく

可視化されないというのは、神の見方や感じ方を
こちらにゆだねられてるようで、儀式が厳粛であればあるほど、
外の気配や自分の身体の動きや、出す音に神経が張りつめ、
心を揺るがすよう。
[PR]
# by munehito_miwa | 2015-11-23 15:52 | 日常 | Trackback | Comments(0)