はなまつり

満開の桜の中
花まつりをむかえました

雨が降りましたので
象引きごろごろは中止になりましたが
太子殿では、戸波さんの柳川三味線に続いて
中村さんとお二人で箏の演奏もしていただきました。

お座敷での京唄は子供には言葉が難しかったかな?
涅槃に蛙さんがでてきたり、蚤がぴょんと跳ねるかわいい唄などありました。

お箏は音に迫力もあり、とても息のあった演奏で圧倒されました。
音の振動が身体に伝わったのか、演奏後に子供達がぴょんぴょん飛び回って楽しそうでした。
f0056808_16445321.jpg

[PR]
# by munehito_miwa | 2017-04-09 16:51 | 太秦仏教会 | Trackback | Comments(0)

お花まつり 太秦仏教会

今年のお花まつり
4月8日(土)10時より
太秦広隆寺です
f0056808_17502678.jpg
奉納演奏は、
柳川三味線・亊 戸波有香子
亊 中村麻凛奈
亊二重奏「さらし風手事」柳川三味線独奏「三つの遊び」他

毎年、太秦の保育園児が集まり、太子殿までお釈迦様を乗せた白像の花車を皆でひいています。
今年は土曜日なので、太秦の保育園の子どもたちだけじゃなく、
あちこちから子供に集まって、一緒に参加頂けたら嬉しく思います。

[PR]
# by munehito_miwa | 2017-02-23 17:56 | 太秦仏教会 | Trackback | Comments(0)

やることがあるから生きよう

2017年は色々あってこちらさっぱり更新してませんね。

色々あったんです
正月行事に、雅楽やお茶の仕事やお手伝い。
そして風邪ひきが長引いていたり、、、。

そして寒かった!! 今も寒い!
体調を崩しやすい、厳しい環境が続くと
やはり、お寺は忙しくなるものです。今年はとくに多いです。
健康には気をつけてください。

そんな中、春の行事でも年始からあれこれと動いておりまして
3月はお彼岸、20年ぶりの遠距離旅行を挟んで
4月はお花まつりとお花見が続きます。

すでに1月2月でしんどくなってるのに
行事多発シーズンの春とか乗りきれるのか、などと不安に感じていますが、生きようと思います




[PR]
# by munehito_miwa | 2017-02-23 17:48 | 日常 | Trackback | Comments(0)

蓮生758回忌

11月11日は今年で7年目になる蓮生忌でした。
今年は公演と奉納演奏。

法要に続いて、まず公演
薬師山病院ホスピス副院長の河野能士先生のお話

いろんな病院に勤務しながら出会った患者さんとのやりとりから
現在のホスピスに行き着かれた心境や、その経緯をしんみりと、、、。
病院でお酒の話など、所々楽しくお話頂きました。
ホスピスではお酒もタバコも大丈夫なんです。

f0056808_10385395.jpg
続いては奉納演奏加古川より教信寺宝泉院住職の長谷川慶悟和尚とピアノの横田ちさとさんにお越しいただき演奏と法話が混じりあい、音の世界と仏の世界を垣間見るようでした。

f0056808_10452778.jpg
バッハ・・・・・管弦楽組曲三番よりAirバッハ・・・・・ガンバ・ソナタ二番よりボッテシーニ・・イントロダクションとガボットボッテシーニ・・エレジー in Dラベル・・・・・亡き王女の為のパヴァーヌレハール・・・・メリーウイドワルツプッチーニ・・・誰も寝てはならぬ 上記が予定プログラムでしたが、当意即妙なお話から曲目もどんどん変更があり、楽しく聴かせて頂きました。下記が追加曲滝廉太郎・・・・・荒城の月ガーシュイン・・・・ラプソディ・イン・ブルーアンコールリー・ハーライン・・・星に願いをコントラバスの低音の響くこと!!やはりコントラバスのために書かれた曲は聞いたことない曲ですが、低音が身体にずんずん伝わり、痺れました。「お寺にピアノがあるのが珍しい、さらに調律がしっかりあっているのがまた珍しい」とのことでラプソディ・イン・ブルーをとびきりの演奏でして頂きました。古くからの友人である調律師が当日に音を合わせてくれて演奏に同席もして頂いてました。音響の事で色々アドバイスを頂きとても助かりました。本堂もほぼ満席でよい開基法要になりました。
f0056808_10442007.jpg


[PR]
# by munehito_miwa | 2016-11-18 10:51 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)

2016蓮生忌

もう11月ですね

 11日の金曜日にうちに
コントラバス和尚の長谷川さんが来られます。

長谷川和尚は、コントラバスが好きで、日本で一番うまいと言われた東京の先生に教えてもらいにいかれ
さらにウィーンに世界で一番上手な人がいるとのことで、ウィーンに行って教えてもらい、

そのままウィーンで室内楽団に入ってプロになり、これでもう日本に帰ってお寺を継がなくても大丈夫だ
というところまで実家のお寺から離れられましたが、
仏縁離れがたし


現在では加古川の教信寺宝泉院の住職をされています。

さすがなのは、ご自身のお寺に音楽堂をつくり定期的に演奏会をされたり

各地に演奏にまわられています。


この度、西方寺もご縁を頂き、本年の開山忌にて

「コントラバス和尚の慈愛の辻説法」と題して奉納演奏をして頂きます。

講演には、京都の西賀茂にあるホスピスの病院
薬師山病院から副院長の河野能士先生をお呼びして

終末期の緩和ケアとお寺の繋がりにも触れて頂いたお話をして頂く予定です。


コントラバスの長谷川和尚も大きい方ですが、河野先生も大きいです。

「慈愛」って大きい身体に宿るものなのでしょうか?


ご参拝をお待ちしております。


11月11日(金)18時~
西方寺本堂にて
入堂 志納 お土産付き


[PR]
# by munehito_miwa | 2016-11-01 11:03 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)