<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

生きていると年々、忘れてはいけない事が増えていく

まもなく9月ですね。今年もなんとかお盆を過ぎ、やっと、涼しい風が感じられるようになってきました。
お盆参りの間は、常にドライヤーの熱風をかけられているようでしたが、涼しくなってみれば、そんな暑かったこともげんきんなもので、忘れてしまうものだと思いました。
油断せず、暑さのぶり返しに気をつけないと、夏バテが後から忍び足でやってきそうです。
とか言ってるうちに彼岸参りですが・・・

f0056808_15291428.jpg


写真は16日施餓鬼法要にて、常味さんによる奉納演奏
*私、HPにしっかりとした詳細を載せておらず失礼致しました。
施餓鬼法要やお彼岸法要は檀信徒様のみの案内でした。お問い合わせ頂いた方、申し訳ありませんでした


演奏曲は、内戦が起きているシリアとエジプトの曲を亡くなられた方の供養に頂きました。

24日は午後。町内の地蔵盆にてジンバブエの親指ピアノ。
ムビラの演奏を実近修平君に弾いて頂きました。

f0056808_15481366.jpg


私がその日の午前中、地蔵さんのお参りをしたときに

「このお地蔵さんは、君等のおじいちゃんおばあちゃんの、またそのおじいちゃんおばあちゃんの昔から、皆にお参りされていたお地蔵さんなんだよ~」

という話を子供にしていたのですが、ムビラの演奏の前に

「この楽器は、皆のおじいちゃんおばあちゃんの、そのまたおじいちゃんおばあちゃんの・・・・」

・・・と、実近君もおんなじような話をしてておもしろかった。

わかりきったような事だけれど、改めて宗教(供養)と音楽というのはとても密接なんだ、
ということを実感させられたお盆でした。

年間に、本当にいろんな行事が配されているのは、大事な事を忘れないために、
人が忘れやすいからこそ、宗教の儀礼が教えから、音楽から、様々な作法が残されているのだろう。
先人に心を向ける、とか、どうしたって自身に心を向ける事と同義だろうし
それを促す作用として、読経や瞑想(黙祷も)や音楽が宗教行事に必須になっているのでしょうね。
[PR]
by munehito_miwa | 2013-08-28 15:56 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)

8月 葉月

お盆の月になってしまいました。。。
7日は立秋ですが、さて熱中症に気をつけて墓参り。
日は少しづつ短くなりました。蝉に加えて、夕方頃から蜩がないています。

今月は墓参 棚経(お盆参り) お施餓鬼 地蔵盆
などなど行事が続いて、お坊さんがふらふらになる月です。

さて、そんなシメといってはなんですが8月31日

7月より、傾聴喫茶カフェデモンクから衣替えした傾聴居酒屋モンクが大宮7条のキッチンなごみで開催されます。
お坊さんと、居酒屋で話ができるちょっと変わったイベントです。


開催趣旨【一杯 呑んで語ろう交流会 & 居酒屋・デ・モンク】

いつものカフェ・デ・モンク居酒屋バージョンと、避難移住生活を経験している男性の交流会のコラボ企画となりました!
ありそうでなかった、男性向けの交流会。

今回は、キッチンNagomi 夜の部で、一杯呑んで男同士の話をしようぜ、という会を設けます。
配偶者のいる方もいない方も、子どもさんがいる方もいない方も、若い方もご年配の方も、男性だったら参加OK。

また、夏休みを利用して東日本からこちらに来られている男性も、ご参加いただけます!ぜひこの機会にご参加ください。

<日時>8月31日(土) 17:00から自由参加自由解散
<参加費>: お料理コース:2000 円 (飲み物込)
      途中参加の場合は、減額します!

<申し込み>:8月5 日(月)? 8 月29日(木)
<電話> 080?4414?8654
< メール> fucco.nagomi(あっとまーく)gmail.com
(電話は10:00-17:00 でお願いいたします)

開催趣旨
「3.11 後、いろんなことが変わりました。
特に放射能の問題は小さな子どもを持つ親にとって"終わりなき戦い"になりました。
それは家族の暮らしにも決定的な影響がありました。
わが子の健康、いのちを守ろうと避難移住をした母と子、その思いをどう受け止めればいいのか、父親として夫として家族とどう向き合うのか、仕事は?両親は?故郷は?お金は?思い巡らすことがあまりにも多いけれど、周囲にはなかなか相談できず・・・。
実際、家族と離れて暮らすのはつらいこと・・・そうかと言ってそんな簡単に仕事を変えられるわけもない・・・。
そんなこんなをビールでも飲みながら気楽に話してみませんか?仕事の話もいいけれど、たまには似たような境遇のパパたち(男同士!)で情報交換でもしませんか?」

コーディネーター:奥憲太(おく・けんた)
1969 年生まれ。産業カウンセラー、キャリアコンサルタント。原発事故後、10 か月の母子避難・二重生活を
経験後、昨年8 月に京都に移住。現在は経営企画室勤務。1 児の父。
「理解は、対話から。気まずくなったとき、怒ったとき、悲しいときは、まずは向き合って話をしてみる。互
いの関係を続けようと思うなら。夫婦でも職場でも活動でも同じかもしれません。
夫婦間だけで行き詰った問題も、別の角度から光を当てたときに、気づきがあるかもしれません」
[PR]
by munehito_miwa | 2013-08-01 14:06 | Trackback | Comments(0)