<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

嬉々

先月、お寺で上映があった、伊藤さんの映画がモスクワ国際映像人類学映画祭でDebut Competition部門にて最優秀作品賞を受賞されたという、なんだかとっても嬉しい報告がブログでありました。
リックヤートこころを架けることば

映画で印象に残っているのは、朗詠の言葉と音楽性はもちろんだが、
上座仏教を信仰する人々の笑顔。
祭祀の僧侶がいない事。
人々が儀礼をするために財産を喜んで、嬉々として寄進をされることだ。

お坊さんがいなくても、仏教行事ができるんだー、
とのことで

ここで僧侶の意味を考える。
正直、お坊さんは要らないといえば要らない。
というよりも、お坊さんが要らないような状況になるまで
仏教の教えで、他者の心の援助するのが僧侶なのじゃないだろうか。

そういう意味で、新たに苦しんでいる人がいれば、その人の援助をし
その人の苦しみが和らげば、また次の苦しんでいる人のところに行く。
苦しんで来られる方もまた同じく、苦しみがやめば、また他の苦しんでいる人のために。
というのが、お釈迦様がされていたことではないか。

なにも関係性を、「~~でなければならない」などと縛ることはなく、
関係性をほどいていくことも苦しみからの解放であったり、楽しみに繋がる。
なにせ、仏教ではこの世との関係性がすこぶる?無くなる「死」ということを
「極楽に生まれる」とか言ってしまうぐらいだから。

そういうわけで、徳宏タイ族の皆さまが、
お坊さんなしで、笑顔で仏教行事を営んでいるのが興味深い。

ただ、仏教だけじゃなくて、宗教は経済と結びつきがキツくなってしまい
施設の維持とか、生活がかかってしまうので、宗教との結びつきをキツくするため
あの手この手の、勧誘や脅し文句なんかを使う。(*こころあたりありませんか?)
仏教でいえば、お釈迦さまの言っていないことをしてお布施を得る。

縁を結ぶなんて綺麗事を言うけど、結ぶんではなくて、
結ばれていることに気づく事の援助ができれば
わざわざ、その縁をキツく結んで締めて苦しまなくてもええやん、
などと、ゆるく宗教活動をしたいと思う昨今。

といいつつ、最後にうちの法要の宣伝をば!
11月12日(月)18時より
西方寺 開基 蓮生754回忌 勤修します。
法要内容は 聲明 今様 白拍子舞

お釈迦様の教えが、お経になり、念仏になり、唄になり、
はてまた踊りや舞になり、拡がる様子と、
何故、女性が男性の格好をして舞うのか?
と、女人往生や貴賎関係なく念仏往生の話などを
詳しく・・・語りませんが、感じて頂けるような内容にしたいと思っています。
入堂はお心持ち

お寺行事
[PR]
by munehito_miwa | 2012-10-25 14:15 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)

記憶などの繋がりについて 蓮生忌にむけて

とあるお寺の阿弥陀三尊に向かい合った時に

「今にも吸い込まれそうな気持になります」

という感想をお持ちになられた方がいらっしゃったそうだ。

「いやいや、まだ早いですよ」
なんて声をかけたいところですが、その方の本音なのかもしれない。

その阿弥陀様は天皇の念持仏だったもので、
亡くなられる際にも拝んでいた仏だろうといわれている。

お寺というところは、そんな歴史が残っているところで
当時の人の思いや記憶が随所に感じられる。

1000年前の仏像や、数百年前の木材などはざらで
その場にあったものを傷んだから、古くなったから、と、捨てるというのは忍びない。
当時の記憶や関わった人の思いまでなくしてしまうみたいで。

その場の力というものは、新しいから、綺麗だから良いというものではなくて
昔の人、過去の人と現在の人の思いが繋がっている事を
感じられる事が、その場の力になっているのではないだろうか。

ようするに繋がりが欲しい。
繋がっていると感じる事が
安らぎにつながっていくような。

人の安らぎや楽しみなんていうのも
他者との関係性から生まれるように。


ところで念仏って、なんで唱えるの?
という疑問は常にあがり、その都度いろいろ考えるのですが、
自分が死んだ後には、何かに繋がるの?
という不安があるのではないでしょうか。

「今にも吸い込まれそうな気持」

というのは、阿弥陀様を前にして
自分自身の終わりを意識しての言葉と私は受け取ったのですが
どうでしょうか?

あの世との繋がりを欲しての仏であり念仏であると。

さて、西方寺開基の蓮生忌ですが
蓮生さんが念仏堂を建てたのが、西方寺の名前の最初。
どんな思いで念仏をし、念仏堂を建てたのか。

11月12日の法要までにそんな事を
を少し考えていきたいと思いました。
[PR]
by munehito_miwa | 2012-10-18 12:12 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)

萌翠展2012のお知らせ、と、その他もろもろお知らせ

西方寺にて、萌翠会の書道教室(毎週水曜日午前10時~)をして頂いているのですが、
毎年恒例、秋の展覧会お知らせです。

f0056808_10493955.jpg


10月27日~28日 京都府立文化芸術会館3F和室 午前10時~午後6時
私も楷書の軸を一点出しています。私の在廊は27日の3時過ぎから5時くらいかなぁ。
*すいません、他に用事が入りまして、11時~13時頃と在廊変更です。
よろしければご高覧お願いします。


次は能のお知らせ
私の師匠でもあります、杉浦先生のお宅、
杉浦能舞台にて秋の鳴滝能
f0056808_10502856.jpg


11月11日(日)
午前の部 11時開演
午後の部 2時半開演
3000円
杉浦能舞台(嵐電鳴滝駅徒歩スグ)
お問い合わせ
杉浦能楽会事務所
075-465-0821
info●noh-sugiura.com(●を@に変えて送信下さい)

演目は「敦盛」 ワキが蓮生(れんせい)法師さんで。
西山浄土宗の本山である光明寺の開山です。
その出家された理由などが演目で明かされます。

蓮生(れんせい)法師さんとくれば、西方寺の開山 蓮生(れんしょう)法師
今年の蓮生忌は新暦にて勤修致します。
11月12日(月)18:00~
聲明 今様 白拍子舞を予定しております。
入堂 志納
西方寺HP

以上、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by munehito_miwa | 2012-10-12 10:38 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)