<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぼうさんうろうろたいこどんどん

「昔のお寺は今でいうレイヴみたいなもんですよ!」
とお酒の席で言い放ってみた。

平民が簡素な家に住んでいる中、極彩色の柱や、極彩色の四天王に守られ
天井からは金色の花が垂れさがり、その金色の花に囲まれた
これまた金ピカの如来や菩薩のいる巨大空間で
木魚のビートが鳴り響き、坊主頭の集団が思い思いにお経を高らかに絶唱!
ところどころに鐘の音が堂内に波紋のように響き渡る。
はたまた、それに歓喜極まった坊さんや観客がおもいおもいのお経をおのおの唱えながら
お堂をぐるぐる踊り回りだすような。そんな空間だったんじゃないかなぁ、と想像してみる

そんな事を近頃思いながら、うろうろしていると、寺町あたりで、
「ドンドコドンドコドンドコドンドコ」
と、付近に響き渡る太鼓のリズム。
あまりに音がでかくて、反響するので音の出どころが解らずキョロキョロしておれば
「なにを探しているんじゃ!」
と、道の門番みたいなおっちゃんに声をかけられる。
太鼓の音など説明して、お寺の事を教えて頂き、その日蓮宗のお寺に入りビートを堪能。
正直、今の現代舞踏とかやってる人なら、踊りまくれるだろうリズムだろうと思う。

最近の法要などは「こういうものだ!」とか「こうしないといけない!」
などというスタイルが各宗派で権威付けのためにきっちり過ぎるくらい決められているが、
本来はもっと自由なスタイルで、変化していったのではないかと感じている。
ある程度固まったスタイルはそれはそれで素敵なものだが、よりよい形を求めていく姿勢もよいかと思っているが、安易に西洋の音楽とのコラボとかなると阿保らしくしらけてみえるのも興趣深いところだ。

うちわ太鼓のリズムを堪能して、外にでればまたその門番。
何故か家に招待されて、一杯頂きながら身の上話を聴かせて頂く。
なんだかよくわからない流れだなと思いつつ、長居。
京都もまだまだ付き合いの営みが残っているのだなぁ、と感じた一件。

最近お寺の彼岸イベントの営業にて町をうろうろしていると色々ある。

営業先のお店やどこかで、色々なお話を聴かせて頂く。
こちらがお寺であることがわかれば、自身の菩提寺の事など、もう本当に愚痴からなにからなにまで?!
色々聴かせて頂くことが多い。
ということは、その菩提寺の和尚さんは、その檀信徒さんの話をちゃんと聴けているのだろうかと心配になる。それは自分の身にもあてはまることだが・・・。
人の話を良く聴いて得することはあっても損することはないかと思う。
聴く時間が、忙しいからといって、ないとするのがいけないのかな、と。

それでも京都はお寺がおもしろくて
インド音楽の大物が来日する際も(プルバヤン・チャッタルジー)東京ではホールだが、京都ではお寺。
日本人の遺伝子的に、お寺のほうがもしかしたら楽しめるのかもしれない。
[PR]
by munehito_miwa | 2010-08-30 22:25 | 日常 | Trackback | Comments(2)

餓鬼に施す

16日京都は送り火
寺の施餓鬼法要にて、先祖さまと一緒に餓鬼へ施しをした後に、
友人たちと船岡山にて大文字を観ながら、
去りゆくご先祖様と餓鬼達を見送りました。

f0056808_1347231.jpg

奉納演奏はサロードのサガールさんと タブラの東坂さん

最近、自分中心で他への関心が薄れがちな世の中ですが
多分、それは昔からなのでしょう。

お釈迦さんの弟子の目連さんのお母様が餓鬼道に落ちたのは
自分の子供ばかり面倒をみて、他はあまり構わなかったからとも言われています。

施餓鬼の話を盆参りの際に話をしていたら
「施餓鬼供養って、私の先祖様が???どういうことかしら?と思っていました」
などという感想を頂いてましたが
今では先祖様が餓鬼というわけでなくて、盆には地獄の蓋も開くということで
先祖さんと餓鬼もこっちにきてますよ。
そして、先祖さんも帰る前に私たちと一緒に餓鬼にも施すという功徳を積んで帰ってね
といった意味でうちでは法要を行っています。

まぁ、そんなわけで日本では色々混じって、先祖さんと餓鬼を供養します。
世の中は色々なものが混じり合って成立しているのでしょうし、色々関心を持って生きたいものです。
[PR]
by munehito_miwa | 2010-08-20 14:03 | 自坊行事 | Trackback | Comments(2)

お盆

立秋の日はお墓参りでした。
蝉しぐれの中、ただ一度だけ、この日を狙ったようにツクツクボーシが鳴きました。

ここ数日は、なんだか風がでてきたような、
暑いのは変わりませんがほんの少し過ごしやすくなってきたような気がします。

坊さんはこれからが本番。
檀家さんの旅行話を聞かせてもらっても、お盆の時期ははなから旅行に行けないのはわかっているので、全国でどんなお祭りがおこなわれているかにとても疎いです。。。

その分、お寺の行事をいかに楽しくするか?にこだわることになるのか。
お盆のお墓参りと棚経が終わりましたら、お精霊送りで施餓鬼法要をするのですが
その際、インドの弦楽器サロード演奏家のサガールさんに奉納演奏をして頂きます。檀信徒様のみですがご了承を。

9月12日はムックリ演奏家の長根あきさんと整体師の中島ゆきこさんによる
ボディワーク身身響(みみゆら)
定員はまだあるようです。

などなどいってる間に秋の彼岸がきますね。
皆さま、旅行に、お参りに素敵なお盆をお過ごしくださいませ。

f0056808_17117.jpg

*庭でみつけた蝉の交尾
[PR]
by munehito_miwa | 2010-08-08 17:01 | 日常 | Trackback | Comments(0)

暑気払いで筋肉痛&寝不足

31日は夏祭りでした。

この、アフリカングルーブのお祭りですが、
毎年2回づつ(1回の年もありましたが)もう6年目になりました。

これだけ長くやっていれば、定着してきたのか
夏は集客に苦労していましたが、、5時のお祭りの開始あたりから
多くの人に来て頂き、本当に感謝でした。

f0056808_214466.jpg

f0056808_2152588.jpg


ライブは2部制
ジョゼフンコシさんとトモミさん
そして、地球おはなし村の皆さま。楽しかった。
今回、はじめてマリンバの音を聴かせてもらったのだけれど
手作りの楽器だから?か、とてもやさしい音で、しかも体が跳ねる跳ねる

踊りまくって、飲んだビールを全部汗にした京都ホーメイ先生の記述によると
「共鳴胴は塩ビ管。ベニヤの箱がバスドラ代わり」
だそうだ。

近所の子供達が、ここ数年で一番の激しいダンスをみせていて、
子供にあおられ、子供をあおり、おじさまも2年か3年振りに跳ねまくりました。
f0056808_2121152.jpg

後は混沌・・・・

お面と、足に鈴をつけて踊りまくっていたのは、ケバブの販売をしていた
ぐるぐるかふぇのマスターです。
入口のケバブの隣で、これは何人分のイタリアンオープンサンドなのですか?
というぐらいビックなサンドを販売してくれたのはぴちぴち金魚という花園駅前のカフェです。
是非、お店にも行ってくださいませ。

お礼を言いだせばきりがありませんが
チャイをだしてくれたS谷さん、アイスを出しそびれたエバタさん
いつも屋台を手伝ってくれる○○信用金庫さん
ポスター貼りや宣伝をしてくれたお店や個人の皆さま方

地元出身で、近くに新しく美容院を開いたテリトーイの兄様に
「小さい時いつも遊んでいたぶたぶた公園がこんなになっているのが、感慨深いですね」
など言ってもらい、たしかに私の子供の頃には考えられんようになっているな・・・
と、自分で感心してしもた。

いつも来てくれたり、お手伝いをしてくれる友達みんな
「ツイッターの出会いなんて、ドラマみたい」
と言いつつ来てくれた僕らのネットアイドルと、その先輩。

お集まり頂いた全ての方々ありがとうございました。

そして主催の天王社奉賛会の皆さま、ありがとうございました。
秋もがんばります?
[PR]
by munehito_miwa | 2010-08-02 21:28 | 天王社八幡宮 | Trackback | Comments(0)