<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

盆でする話?

盆参りの際に、「盆と関係がないな」と思いつつ
何故だか、話の流れで蛭子(ヒルコ)の話をした。


イザナギノミコトとイザナミノミコトの結婚で生まれたのは
有名な3神だけでなくて、3年経っても立てなかった
不具の子ヒルコがいて、舟で川に流されました。
やがて、川から海へ流れ、漂流し、打ち上げられたヒルコの死体は浜辺の人に拾われ、海の向こう、遠くの異界から流れ着いたマレビト(稀人・客人)として祀られ
漁業の福神、恵比寿・蛭子(えびす)さんになりました。


という話。
やっぱり盆と関係ないな、と思いつつ。
何故、この話をしてしまったのか?とその夜考える。


彼の地から此の地へなにかが還ってくる際
日本の民族は客人としてもてなしたりお祀りする、ということ。
お祀りすることで、神道でいう「死の穢れ」を「福」に転じよう、「福」を得ようとする発想の装置がある。
                  

佛教では死を穢れとはしませんが、先祖をお参りすることで「福」を得ようということはあるかもしれません。
お盆で先祖が還ってくる際も、同じようにおもてなしをし、お祀りするという風習が残っています。

「福」への転じ方としては・・・
還って来た先祖さんと一緒に暮らしている、という意識を働かせる事にあるかと。
「故人は偉い」と誰かが言われてましたが
故人は亡くなった時点である程度、人格が定まり、
誰かみたいにぶれないところが偉いのかと思われます。

見習うことにせよ、反面教師にするにせよ
ぶれない人(故人・先祖)に相談すること(自身の内面に向き合うこと)は自身の心のケアや、自身のぶれに気付かさせてくれ、軌道修正でき、間違った道に進みにくく、かつ良い選択をもたらしてくれるもの。

そういったことが「福」につながることを昔の人は知っていたのではないかと思います。
自身が内面に向き合う事の「福」に気付かせる装置としての「お盆」があるのかもしれません。


参考文献 
斎藤英喜『読み替えられた日本神話』
カールベッカー編著『愛する者の死とどう向き合うか』

つい一昨日
手塚先生の『どろろ』を初めて読んだのですが
不具の子供が妖怪退治のヒーローになるところが
蛭子(ヒルコ)みたいですごくおもしろかったです。
[PR]
by munehito_miwa | 2009-08-23 11:48 | 日常 | Trackback | Comments(0)

そろそろ盆も・・・

お寺のイチジクが収穫期をむかえました。
f0056808_15414122.jpg

イチジクの木の傍によると、カラスがダッシュで逃げる、という戦いが始まりました。
一度突かれたイチジクは虫たちの餌食になります。人間代表として負けずに頑張ります。

f0056808_15433392.jpg

月下美人も毎年、母が頑張って咲かせています。
今年は美人を囲む会をしようと思いつつも雨などが降ってしまいお流れに。
たくさんの人が観れるようにしたいものです。

8月16日は本堂にて、施餓鬼でした。
昨年に続き、尺八の深井先生に奉納演奏をして頂きました。
f0056808_15555363.jpg

右の太鼓の枠組みは師匠のお手製。歪んでいるのはご愛嬌
f0056808_15564625.jpg

昨年は演奏中、法要の順番決めや、挨拶などで少し賑やかだったのですが、
今年は演奏があることを知っていた方が多かったのか、とても静かに聴いて頂けました。

と、いうよりも先生、昨年よりも格段に上手くなられていたからでは!!??
目を閉じて聴いていられる方の前を、線香つけたり、ろうそくに火を灯したり、焼香の種火入れたりと
ぱたぱた動いてしまい、申し訳ないばかりでした。
[PR]
by munehito_miwa | 2009-08-21 16:00 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)

ボンマエリ!!

先日のお祭りに手伝いで来てくれた
モリタクこと森君が撮ってくれた写真がとても良いのです。

ですので何枚か。

f0056808_12342594.jpg

エリックさんのダンス

f0056808_1235825.jpg
f0056808_12351940.jpg

サリアさんかっこよすぎです。

f0056808_12352927.jpg


f0056808_12365225.jpg


子供達は呼びかけなくても、どんどん踊りだす!!
すごい喜んでくれたようでなにより。

体が勝手に動き出すリズムなんかは世界共通なのかも。
日本では子供の頃には自然と持っていたものが、歳を経ることで忘れていくのかな。
子供達にこの感覚を持ち続けて欲しいな、と思う今日昨今。

ところで盆ですね。
ただいま墓焼けして、手首がひりひりしてます。

いつもは寺でお参りor檀家様宅でお参りなので、
送り火とかお迎えとか、よその行事には滅法弱くてございます。
昨年から、体を鞭打ち、他所の盆行事やイベントに出掛けるようにしてます。

今宵は
天若湖アートプロジェクトに足を運ぼうかと思っています。

ダムに沈んだ集落にあかりを燈すとのこと。
あったことをなかったことにしてしまうかのような時代ですが、
生きている私達が受け継がなくてはいけないことが多くあるように思います。

16日はお盆の締めですが(他の寺のお手伝いは残りますが)
その締めの後にお祭り行きたい・・・ハニーアントさん
行くとしても、多分ゾンビのような足取りでしょう・・・。きょんしーのような跳躍力が欲しい・・・。
[PR]
by munehito_miwa | 2009-08-08 12:53 | 天王社八幡宮 | Trackback | Comments(4)

天王社夏越祓

早朝から準備している最中にすさまじい豪雨。
「終った・・・・」
と気持ちは落ち込みましたが、昼頃に待望の青空が!!!

雷雨と雷雨の間に挟まれたようなお祭りでした・・・。
祭りの間はぽつぽつと、ほんの少し雨粒が落ちたくらいで
天に助けられました。(そのかわり、仕事量が倍)

天候不順の中、皆様お越し頂きありがとうございました。
出店の皆様ありがとうございました。
出演の皆様ありがとうございました。
奉賛会の皆様お疲れさまでした。
近所の皆様、夜遅くまで音出しすみませんでした。

f0056808_14284594.jpg

まずは、アイヌの楽器をされる長根さんが八幡さんの詩を詠んでくれました。
私が勝手に、いつみても惚れ惚れしているトンコリと、
長根さんの、いつ聴いても聴いたことの無い???ような音を響かせるムックリでした。
皆様、一度ゆっくりと静かなところで聴いて見てください。
遼人飛翔9月20日16:00~京都の堺町画廊にて、長根あきさんライブ

f0056808_1425725.jpg


そして恒例となった、ジャンベ先陣はサリアさんとエリックさんとつよし君

続いてギターのやっさんと、つよし君、アラマさん、かなちゃん まこっちゃん

f0056808_14463820.jpg

最後に皆で。
とっても壮観でした。
f0056808_14595162.jpg


毎年、色んな意味でいろいろありますが、今回も相当でした。
いつも「終わり良ければ全て良し」という素晴らしきかな魔法の言葉で締められるのですが
楽しさ倍増!寿命半減!の思いです。


写真は雅楽友達のチエちゃん。ありがとー。
出店の石鹸マニマックさん、包結さん、キララ窯さん、フランスチーズのこんごうまるさん
毎度ケバブを出してくれるぐるぐるかふぇ大槻さん
あふりか雑貨のcontantさん、アイスのえばたさん。絵描き旅人チョウ君
ビーズアクセの書道の先生と生徒様
皆様ありがとうございましたー。
そして、屋台の奉賛会女性部の皆様と、総出でお手伝いしてくれた銀行の皆様
ありがとうございました。

祭り終わってからの豪雨で、朝起きたらテントがひしゃげていて吃驚しました。
最後まで色々あります。ではおつかれさまでした。
f0056808_1501458.jpg

[PR]
by munehito_miwa | 2009-08-03 14:50 | 天王社八幡宮 | Trackback | Comments(2)