<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

彼岸の間について 2

と、

そんなわけで、今日もお彼岸、前回の続き。

今日は千本釈迦堂は大報恩寺で「千本釈迦念仏」がやってるとのことで行ってきました。
釈迦堂ではお彼岸の法要として千本釈迦念仏をされるようです。

f0056808_2125510.jpg


一年でこの日(3月22日)のみ
お釈迦さまの涅槃図を見せて頂けるとのことです。

釈迦念仏の差上(お経のプログラム)は
お釈迦さんの最後の説法と言われる「遺教経」
節をつけて(声明)、20人程のお坊様が内陣の本尊前にて詠まれていました。
*厨子の中の釈迦如来の開帳はなし。

「足ることを知る」の「知足」の勧めが多く書いてあったのが目にとまりました。

そのお経のプリントがもらえましたので少し抜粋。


「病を知って薬を説く 服すると服せざるとは医の咎にあらず 又善く導くものの人に善き道を示すが如し これを聞いて行かざるは導くものの咎にあらず」
                           『仏垂般涅槃略説教誡経』

勘違いせんと、ちゃんと自分で修行をしなはれゆうことですな。
うまい話に騙されないように、自分で考えて行動しようと思う次第なお経

漢文を訳した、お経に節をつけて詠むので理解しやすかったです。

その後、舎利経に光明真言(オンアボキャベーロシャノウ)をいくつか。
般若心経などを詠む。

その後、下陣に釣り掛けてある涅槃図の前に移動して、般若心経



結局、この法要はお釈迦様の遺功を偲びはすれど
浄土系のように、先祖供養が全面的にでたものではなく、

悟りの世界へ行くための法要
迷いの世界を離れるための修行の法要

という趣旨が強く感じられた。


私はといえば、ここ最近、彼岸で、先祖供養を沢山させて頂いたのですが
その、詠ませていただいているお経は「観経」で
どうやって阿弥陀様を観るか?の観かたを言うお経です。
阿弥陀様を観て、いらっしゃる西方極楽浄土=彼岸 に行きましょうと、
ご先祖様に供養させて頂いているわけです。
宗派などにより、違いがあっておもしろいですね
f0056808_2134044.jpg




間というのはそのあの世とこの世の隙間的見方もあるのか、
彼岸中の昼夜や太陽の軌道や色々な「間」がなにをするにも都合がいいというか、重要というか、関連付けてあるのですね。

そんなわけで、今日の真西に沈む夕日は
一時的な夕立の後の霧で、とても幻想的でした
f0056808_21461338.jpg

場所は行路の都合上、なぜか教習所の前で申し訳ないですがね。
[PR]
by munehito_miwa | 2007-03-22 21:04 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)

彼岸の間について

先日21日は彼岸の中日でした。
うちのお寺でもお参りをさせて頂きました。

お彼岸は春分の日(中日)をはさんで7日間を指します。
中日には、ちょうど昼と夜の長さが同じくらいになるそうです。
今日22日は少し夜のほうが長いのでしょうか。


正月の初日の出を拝みに行く人は多くいらっしゃると思いますが
太陽が昇る→生まれる→生命力を現しているとするなら
太陽が沈む→死ぬ→死というふうに関連づけられます。
一年初の生

毎日、死と再生(生)を繰り返しているような日常ですが
その、死と生の間が気になります。

彼岸とは、「彼(か)の岸」、あちら側を指します。
浄土経では阿弥陀様の西方極楽浄土が「彼の岸」
もともとは、悟りの境地とか世界、涅槃のこと。
現在は、浄土系の先祖供養が一般になってますが、修行の法会であったようです。

彼岸の期間、太陽は大体、真西から登り、真西に沈むようです。
天の間を太陽が通るイメージ。

此岸から彼の岸へ・・・この世からあの世へ・・・迷いの世界から悟りの世界へ

やはり、その間が気になります。



死後、49日間は中陰といい
毎週、十王の裁きがありますので、その前夜に逮夜参りをしますが
それが、この世とあの世の間

再生である日の出を見る朝は、とても清清しく感じますが
一日の終わりの夕日を見るときは、西方極楽世界を馳せる人がいますかー?
私は夕日に少し憂鬱になるときもあれば、ぼんやりとした緩やかな時間にも感じます。

ただ、太陽がほぼ沈みかけ、夕闇が迫る頃
夜になる間際の時間が気ぜわしく感じます
神社、お墓、寺にいると寒気がします。
そんな、生と死の間
色々な間があります。



彼岸は昼夜の長さが同じ、その間
生と死の間、交代のとき。
[PR]
by munehito_miwa | 2007-03-22 20:52 | 自坊行事 | Trackback | Comments(3)

ルート4

がでた!

時期を思い切りはずしてますが
鬼伝説のある大江山の麓で宿をとりました。

おかみの話によると、家の前を、よく猪とかが道を走っているそうです。
鬼は走っていません。

そういえば鬼門の方角は丑寅ですが
だからというか、鬼には牛の角に寅柄のパンツを履いているんですってね。

早朝、仙人が住んでいたような場所、雲が下に見える鬼獄稲荷神社に行きましたが
雨のため、視界は3~5m霧で何も見えませんでした。

山を降りて、メインは元伊勢 
まずは外宮、豊受大神社
f0056808_1271277.jpg

少し涸れてる印象は免れませんが、やさしい懐かしい雰囲気の神社でした。

内宮 皇大神社
f0056808_129980.jpg

パンチが効いています。
頭がくらくらするんじゃないかというほど、重々しい空気
木々も、なんでこんな伸び方するのだろうか?といった風情です。
f0056808_1210529.jpg

[PR]
by munehito_miwa | 2007-03-05 12:20 | 出雲路ルート | Trackback | Comments(0)

出雲路ルート 後付

f0056808_1659497.jpg


幸神社(サイノカミジンジャ)です
賽(サイ)の神、道祖神とのことで、道案内の神様らしいです。
出雲路の出発地点らしいのに、一番後回しで行ってしまいました。
出雲巡礼は昨年に終わったのですがねぇ。
それにしてもなして「幸」の字なのでしょうか。。。

f0056808_1659188.jpg


こちらの神社は下鴨神社のほど近く

上賀茂神社の近くにも、出雲の賽の神さんがいらっしゃるそうです。

松江の少し北に佐多大社があり、そちらの猿田彦さんが素敵だったのですが
賽の神さんは猿田彦さんとも混交しているのでおもしろいですね。

賀茂氏と秦氏と三輪氏などと出雲関係は興味が尽きません。
猿田彦(賽の神)さん、道案内よろしくおねがいしまする。
[PR]
by munehito_miwa | 2007-03-02 17:12 | 出雲路ルート | Trackback | Comments(0)