カテゴリ:神社仏閣(鳥取)( 2 )

山がみたくて

山が大好きといっても、基本的には神仏のいはる山にしか登ることはないのです。
そうはいっても、神仏で有名ではない山にも、必ずといっていいほど、神様は祀られていて
「この山にはこんな神様がいらっしゃるんだぁ!」と、おもしろい出会いがあります。
f0056808_1753615.jpg



最近、友人に能楽の話をしていたら、以前より行きたかった山本太郎さんのチケットを頂きニッポン画の展覧会をみてきました。

感想は、とても懐の深い人だなぁ、と思いました。
現在の状況をを丸ごと受け入れた上、その現在の固定概念を壊して
それを新たに再構築するような絵の仕事に感じた。
彼は能楽部だっただけに、それは世阿弥の型の思想と同じような気がして興味深く思った。

私は山が好きで、綺麗な稜線や素晴らしく大きな木々などをみたら、
思わず何枚も写真を撮ってしまうのですが、意識的に人工物はフレームからできるだけ外します。
日常の人工物に好きなものは多くなくて、私が山を好きなのは、そういった人工物の極力無いところに行きたい、という気持ちが大きいのだと思います。
そういうところが排他的な思考に繋がるのかなぁ、などと少し反省する。
彼を見習わないと、、、そう思います。



大山は二日目。
朝4時 大雨が屋根を叩く音で目が覚める。
雨が去ると、外は生物の声が戻り楽しげになり、
居ても居られず。5時頃から散策。雲海がみえる。
f0056808_17354438.jpg

右は日本海
f0056808_17362688.jpg

山より陽の登る前、とても静かだった。
f0056808_17383079.jpg

[PR]
by munehito_miwa | 2009-06-15 17:13 | 神社仏閣(鳥取) | Trackback | Comments(1)

ブナがみたくて

f0056808_11384345.jpg


鳥取の大山に行ってきました。

車で4時間近く。
米子に入り、まずは大神山神社へ挨拶後
天の真名井にて大山の水を頂き、近くの真名井さんで食事。
上の写真は写真美術館にて。
まさに大山を観るために作ったような美術館
ピンホールカメラも館内にあり、楽しめた。

f0056808_11444790.jpg

美術館では頂上が曇っていたが晴れた大山

この日は大山の宿坊で泊まる。
大山の山の恵み、山菜料理を頂く。
ウド ギボシ ツツジ カンゾー ヨモギ ユキノシタ
お腹が一杯になるまで食べたのに、腹がスッキリした感じを覚えた。 
ウドの羊羹には驚いた。
[PR]
by munehito_miwa | 2009-06-11 11:53 | 神社仏閣(鳥取) | Trackback | Comments(2)