カテゴリ:日常( 65 )

本堂ピアノ工事あれこれ

20年ほど眠っていたピアノが3年ほど前に本堂へ移動。
色々な人に弾いて頂いたりしながら、その都度、改良を経てきました。


今回が最終工事になればいいな。




彼とのなにげない会話からピアノが本堂に移動することになって、まず電気の配線工事から、

土台から踏み板、調律、ペダルの高さ調製やピアノのかたむき調製

ピアノの使用がある度に、なにかとおかしなところがでてくるもので

梅雨のあけた夏に調律して、お盆に工事後初演奏です。





[PR]
by munehito_miwa | 2017-07-27 10:49 | 日常 | Trackback | Comments(0)

やることがあるから生きよう

2017年は色々あってこちらさっぱり更新してませんね。

色々あったんです
正月行事に、雅楽やお茶の仕事やお手伝い。
そして風邪ひきが長引いていたり、、、。

そして寒かった!! 今も寒い!
体調を崩しやすい、厳しい環境が続くと
やはり、お寺は忙しくなるものです。今年はとくに多いです。
健康には気をつけてください。

そんな中、春の行事でも年始からあれこれと動いておりまして
3月はお彼岸、20年ぶりの遠距離旅行を挟んで
4月はお花まつりとお花見が続きます。

すでに1月2月でしんどくなってるのに
行事多発シーズンの春とか乗りきれるのか、などと不安に感じていますが、生きようと思います




[PR]
by munehito_miwa | 2017-02-23 17:48 | 日常 | Trackback | Comments(0)

これからお盆ですが

これからお盆で、身体を半分は彼岸に行ってしまいそうな季節ですが
お盆あけ、秋の行事が色々と決まってきてまいりますので
無事に生還して、無事に勤めて参りたいと思います。

9月25日(日)
煎茶の会にて、雅楽を演奏と解説をします
午前の会10:30~ 午後の会13:00~
場所:堺町御池下ル西側 百芳軒

9月28日(水)
時宗青年会全国大会
15時~ 総本山光明寺
すすき念仏(踊り念仏)雅楽で奉仕します。

10月2日(日)
フォワード・クエンダ初来日ツアー
ジンバブエの古典楽器ムビラの演奏会
開演19:00~

11月11日(金)
西方寺 開基蓮生忌
18時開式
緩和病棟副院長のお話
天台宗宝泉院住職 
コントラバスの和尚さんこと長谷川慶悟上人によるお話と演奏。


ご予定頂けましたら幸いです。
[PR]
by munehito_miwa | 2016-07-28 19:55 | 日常 | Trackback | Comments(0)

新嘗祭のお手伝いに

新嘗祭(にいなめさい)
「新穀を天神地祇にすすめ、親しくこれを食する祭儀」

十日夜(とおかんや)
「刈入れが終わって田の神が山へ帰るとして祭る」

今朝は市内の神社にて新嘗祭

本殿の扉が開くのは、年に数日とのこと。
桶に汲んだ水で禊をし、懐紙でふき清めて、本殿へ

遠くのほうで車の喧騒は届いてはいるが
神域の森から聴こえる鳥の声と木々の擦れ合う音
太鼓で開式。祝詞、神職は方形の鍵を持ち
龍笛の乱声で開扉、献饌から撤饌まで。

普段、お寺にいると仏様が可視化されているが
神社では開扉といっても、中のご神体が拝めるわけではなく、

ただ、開扉の時に放たれる神職の言霊というか
開けた瞬間に、神域に神が放たれたような心持ちがして
畏れ多い気持ちになる。

見えないものを見ないで、感じるというか
今まで生きてる経験から感じてきたものから、
神を信じるというより、世のハタラキに畏まる気持ち
扉が閉まるまで、心がざわめく

可視化されないというのは、神の見方や感じ方を
こちらにゆだねられてるようで、儀式が厳粛であればあるほど、
外の気配や自分の身体の動きや、出す音に神経が張りつめ、
心を揺るがすよう。
[PR]
by munehito_miwa | 2015-11-23 15:52 | 日常 | Trackback | Comments(0)

法隆寺の金堂壁画のニュースを見て

法隆寺金堂の壁画のニュースが印象に残ったのは、うちの父の10歳の時の記憶。

当時の西方寺では、写真左の吉田善彦さんがお住まいされていたらしい。 普段は広隆寺へ蓮の写生にいったりしていたようで、おばあちゃんが弁当を作ったりして持たせてはったみたいです。

定期的に法隆寺の金堂壁画も模写に行ってはったみたいで
しばらく斑鳩に行ってまた帰ってきはるような生活。

拭き掃除がすごく上手だったらしい。

金堂が燃えた時は「えらいことになった」って言ってはったそうな
多分、絵描きさんの火の不始末やったんと違うか、って善彦さんが言ってはったとか、言ってはらへんかったとか。

それで、こんな写真がお寺に残っているのだけど
記憶違いなのか(10歳とかだから)、隣の花嫁は、父には河井寛次郎の娘との記憶があるみたいだが、
河井寛次郎の関係の本を読んでもそんなことはないみたいで、実際はどうなのだろうねぇ、
というのが西方寺の謎になってます。

「法隆寺金堂壁画、初の総合調査へ 66年前の火災で焼損」
[PR]
by munehito_miwa | 2015-11-13 20:14 | 日常 | Trackback | Comments(0)

境内の桜が満開

f0056808_1220526.jpg

f0056808_12212292.jpg


今年の桜も満開をむかえました



八重も本日開花
19日のお花見には散り染めでしょうが
今年も多くの花を見せてくれそうです。

ただ、年々咲くのが早くなってきました。
もう5月中旬の気温とかいわれているので、それも致し方ないですね。
[PR]
by munehito_miwa | 2015-04-04 12:23 | 日常 | Trackback | Comments(0)

黄砂が飛んでて、春が来た気がするけど、あんまり喜べない。もう少しまって欲しい

今年の花見の出演者がおおかた決まりました。

ジャズはピアノとボーカル
ピアノでクラシック
インド音楽をバイオリン
ギターでポップ
薩摩琵琶で物語
オルガンと歌
尺八
日本舞踊
倍音アンサンブル

15時~19時にしてましたが、多分20時くらいまでかかりそうな・・・
4月19日、去年は満開でしたが、今年はどうなるかな?
などと、はらはらする日が近づいて参りました。

それにしても、4月は公演などいっぱいですね。
4月5日はお能の先生の、杉浦能公演 これはお客で行きたい。

4月11日はいつもお世話になってる法住寺さんではヨガと座禅。私も一応呼ばれてるのですが、さてなにをしますやら。

13日は長講堂で法皇忌 聲明担当で

19日のうちの花見の後は、
本山、光明寺の御遠忌5日間雅楽で

29日は、お能の素人発表会、集杉会春の会は観世会館で傘ノ段を舞う予定です。


・・・・・・。。。
[PR]
by munehito_miwa | 2015-02-24 15:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)

立春すぎても、旧暦12月下旬

昨年は、新春に本堂へピアノが参りましたが
今年は、新春に本堂に事務机が参りました。

普通にオフィスに置いてあるような事務机。
いろいろと反対したのですが、寄る年波には勝てず
誰もが老いて順番に足腰が弱ってくるもの。
これで、うちの本堂には正座をしないといけない場所はなくなりました。

正座は「正しい座り」と書くだけあって、丹田に気を集める
優れた大勢らしいです。
私も、だいたい物事を決める時や思案するとき、集中する時
特に日常のお参りの際にですが、この正座で妙案浮かぶこと有り。
(まぁ、椅子に座っても、背中を付けず浅く腰を掛けることにことによってできるのですが・・・)

さて新年はいろいろと動きがあるもので、
それは結局、年末年始の挨拶などで多くの人が動くからだろう、
と思うようになってきました。いろんな人と話し合うことによって色々なアイデアが浮かんできます。

今年の花見
桜と音の交流会ですが、ピアノを弾いてくれる人がみつかりました。お茶席を出してくれる人が決まりました。あとオルガンの方。最近の新しい出会い。 
もともとお付き合いのあった人もぞくぞくと出演を快諾してくれています。
ありがたい限り。

年々思うようには事が運ばなくなってきていることを実感してきていますが
それも楽しんで乗り越えられる発想や出会いが、ますます重要になってきているのかなと思います。

事務机を導入することに一人で反対していましたが
きてみると、父も母も機嫌よく使ってはるし、よくよく見たら落語などの高座に使えそうだな
などと思いが浮かんできて、久しぶりにお寺で落語をするのも良いかと、思いをはせました。
[PR]
by munehito_miwa | 2015-02-08 15:23 | 日常 | Trackback | Comments(0)

震災後の取り組み

先日、2011年の震災の年から取り組み続けている活動を新聞に取り上げて頂きました。
朝日新聞(11月11日朝刊)
f0056808_1111880.jpg

震災後、いちはやく支援活動をされた福興サロン和~Nagomi~さんと個人的お付き合いがあったため、サロンのオープンとともに、スタッフとして現在まで一緒に活動をさせて頂いてきました。

最初はサロンの傾聴スタッフとして。
東北のカフェデモンクに参加させて頂いた縁から、のれんわけをして頂いてからは京都版カフェデモンク。
和(なごみ)さんが、大宮七条にキッチンnagomiをオープンさせてからは、そちらでカフェデモンク。
昨年からは居酒屋モンクとして、避難者の男性限定で月一回開催させて頂いております。

自分ではあまり意識をしていなかったのですが、まるっと西日本さんに教えて頂いたところ
お坊さんが男性限定で震災関連の取り組みをする会というのは
全国的にも珍しいみたいで、そちらの縁で取材がまわってきたのでした。

f0056808_1122219.jpg

こちらは、友人の加藤わこさんが、私達の活動の話を聞きつけてくれて、『京都で寺カフェ』の中のコラムとして、取り上げてくれました。

自身の取り組みを、言葉であったり、文章にして残すというのは、
けじめとして振り返り、またこれからに向けて、よりよく活動していきたいと
あらためて思うこととなりました。
[PR]
by munehito_miwa | 2014-12-01 11:30 | 日常 | Trackback | Comments(0)

f0056808_15482243.jpg

嵯峨は中院にある宝筐院11/19
とても見頃でした。

昨年からお手伝いに行っている永観堂の紅葉ライトアップ
火曜金曜の6時半・7時半と3曲程、雅楽演奏しております。(12/2迄)
土日はいちひめ雅楽会の皆様が演奏されているようです。

f0056808_15514370.jpg


28日~30日は所属している、書道は萌翠会の萌翠展
今年も昨年に引き続き、室町四条の池坊アートフォーラムをおかりして展示しています。
私は30日に少しうろうろ会場にいてる予定です。

よければ遊びに来てくださいませ。
[PR]
by munehito_miwa | 2014-11-19 15:55 | 日常 | Trackback | Comments(0)