お位牌

西方寺に残っているお位牌を調べました。
○のマークがお位牌あり
*のマークが付いているのは鳴瀧家の系図より(系図は小一条院より記)
※のマークはお墓より

○小一条院前式部郷宮一品敦明親王 永承3年55歳 1048 (永承6年58歳1051)
*敦貞親王 小一条院子 
*敦賢親王 小一条院子
*寛意 敦貞親王子 仁観音院御寺務・寛治6年1092年39歳大僧都
*基平 参議侍従 号御子宰相 敦賢親王子 → 鳴瀧家へ続く

*鳴瀧元祖 行賢 法眼仁和寺執事別當 妙純院行兼 久安2年 1146年
*2代 覺寛 勝元坊大貳 仁和寺執事別當 保元3年 1158年
*4代 
乘 法眼大蔵卿 仁和寺別當 円宗寺勝光明院上座法勝寺権都維那円堂執行
*9代 行深 仁和寺執事別當 勝功徳院上座
*15代 行
乘 仁和寺執事別當 仁平2年4月7日寂 1152年
*16代 
覺俊 相圓坊宰相 仁安3年戌子 1168 治承4年寂 1180年
*17代 乗俊 勝運坊俊紹 仁和寺別當 文治4年1188年  承元3年寂 1209年
*18代 濟紹 良音坊法印 兵部卿 仁治3年(1242)総在廳補 建治2年寂 1276年
*19代 嚴暹 相勝坊法印 中務卿 正元元年(1259)総在廳補 弘安6年寂 1283年
*20代 
濟嚴 慶順坊法眼 刑部郷 徳治元年(1306)総在廳補 徳治2年寂 1307年

宇都宮頼綱(実信房蓮生)正元元年(1259)念仏堂を建て、西方寺と称す

*21代 相還 順乗坊 法印宮内卿 貞和3年寂 1347年
*22代 教紹 西寺別當職 應安6年11月28日(1373)新院御所勅許
應永19年(1412)鳴瀧村御閑居 勝言坊教紹 応永25年寂 1418年

応仁の乱の影響で仁和寺の伽藍全焼(1467~1477)
寛永11年1634年あたりの再建まで西方寺(西寺)へ170年程、寺基がうつされる。

○後南御室一品大王 正保5年1648
*31代 慶譽 元和3年(1617)総在西寺別當 勝運坊法印慶譽 寛文2年寂 1662年 

○當寺住僧法蓮社圓譽上人大和尚 延寶甲寅78歳 1674 ※法蓮社圓譽慈給上人
○東福門院 延宝6年 1678
○威儀師浄譽維清法印 貞亨2年乙丑 1685
※信蓮社行譽○説 元禄9年 1696
○大威儀師法印一譽維純 亨保7年寅年 1722
※息菴上人 亨保12年1727
※湛慧律師 延享4年1747

*34代 幸存 延宝6年(1678)殿中得度 戒師、真乗院孝源僧正 龍哲坊幸永 延享4年85歳(1747)西方寺葬 刑部郷 ※前総在法印幸永
※前総在廳法印隆敬之墓 寛延元年1748
*35代 鳴瀧幸成(又幸淳) 元禄11年(1698)殿中得度 戒師、真乗院大僧正孝源 元文元年(1736)総在廳兼西寺別當 元文4年称号鳴瀧之文字如願被 ○大威儀師前西寺別當法印幸淳 寶歴3年発酉68歳 1753 龍仙坊 宮内卿 ※

○景淳院清月寿照法尼 天明7年 1787
※隆貞大孺人 寛政6年 1794  井端氏織田総見院殿之代々子孫

*36代鳴瀧幸俊 ○大威儀師前西寺別當法印幸秀 寛政6年甲寅53歳 1794 龍仙坊 宮内卿
*38代鳴瀧暁暹 ○明観院法眼暁暹 天保12年27歳 1841 龍謹坊 兵部卿

○栄松院寛空寿林法尼 文久元年 1861
○當寺一代 堪空博忍上人廣圓和尚 明治元年 尾州常念寺 1868

*39代鳴瀧幸昌 渓雲院龍潜幸昌居士 明治14年西方寺葬 文久二年(1862)威儀師、同年隠居 王政復古のため位記消滅

○當山壱代 清空博院上人圓浄和尚 明治16年未年 尾州常念寺明空上人徒弟 1883
○寛空源宥上人双丘和尚 1920年頃より当山
















[PR]
# by munehito_miwa | 2017-09-07 15:27 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

本堂ピアノ工事あれこれ

20年ほど眠っていたピアノが3年ほど前に本堂へ移動。
色々な人に弾いて頂いたりしながら、その都度、改良を経てきました。


今回が最終工事になればいいな。




彼とのなにげない会話からピアノが本堂に移動することになって、まず電気の配線工事から、

土台から踏み板、調律、ペダルの高さ調製やピアノのかたむき調製

ピアノの使用がある度に、なにかとおかしなところがでてくるもので

梅雨のあけた夏に調律して、お盆に工事後初演奏です。





[PR]
# by munehito_miwa | 2017-07-27 10:49 | 日常 | Trackback | Comments(0)

シンボッティ ライブ

実近君の案内でジンバブエからムビラのシンボッティが来日している。
先日23日は、西方寺で2回目のコンサートだった。彼らの演奏の前に、能楽梅若流の井上先生と生徒達による、西王母と高砂の素謡があった。
f0056808_11400105.jpg
f0056808_11393656.jpg


[PR]
# by munehito_miwa | 2017-06-29 11:42 | イベント | Trackback | Comments(0)

桜音茶会 

f0056808_11342776.jpg
桜音茶会その五

だいぶん前になりますが、今年のお花見
あの後から疲れきってて、更新が止まっています。それぞれの出演者がSNSなどで写真を公開していますが
やはり、茶会ということで、素敵に撮れた茶室の風景を。


[PR]
# by munehito_miwa | 2017-06-29 11:37 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)

桜音茶会は西方寺、桜と音の花見5年目

どうやら当日、晴れそうです。
4/15は桜は山桜が散り始めに、八重桜が1分咲き。
今日、明日の高温でどのくらい咲くのか楽しみです。
どうぞお気をつけてお越しください

ポップと民族楽器に新しい古典と西洋クラシック、
お祭り音楽、いつもの倍音、演歌まで。
秘密結茶のお茶を飲んだらお酒もござれ
入退場自由お賽銭、お花見です


桜音茶会(桜と音の交流会その五)
2017年4月16日(日)
15:00~19:00
入退場自由/お賽銭


15:00 Musica amata
ムジカアマータ、最愛なる音楽
ソプラノ大崎康枝、下元美樹子と、伴奏花輪裕美のトリオです。
春風に乗せて、、、本場で研鑽されたベルカント唱法、存分にお楽しみくださいませ♫

🌸曲目🌸
春のメドレー
さくら横丁オンブラマイフ・この心の光(歌劇「シャモニーのリンダ」より)
神よ平和を与え給え(歌劇「運命の力」より)



15:30 ムララウング (ジンバブエの楽器ムビラ)
murara unguは、たばたゆうこ、石村明日花、ムカワメグミのおかっぱ眼鏡3人組のMBIRA(ムビラ)ユニット。MBIRAは、ジンバブエのショナ族に1000年以上前から伝わる、祖霊信仰のための伝統楽器。儀式で演奏され、ご先祖さまと私たちを繋ぐ大切な役割を担う。楽曲には、今日を生き抜くための知恵や警告の意味が込められています。

河田全休(サラリーマン狂言)
昨年個人的に?大好評だったサラリーマン狂言がまた西方寺の花見にやってきてくれます
現代日本社会に漂う生き辛さ!」昨年は上司に花見の場所取りを命じられて、休日出勤の様相でしたが、今年の悲喜こもごもはなんでしょう

16:10 三平バンド(三味線、歌、舞踊)
大宮商店街で行われる祭、三平フェス
今年は花見前日の15日、そのままお祭りメンバーがお寺に乗り込んできてくれます。
飯村絵理子(しゃみせん、アンデス)
大西晶子(え)
桜井まみ(うた)
西村麻生(おどり)
山田大(しゃみせん、うた)
みんなが知ってる曲から古典の曲もやります。
三平バンドのりこみます。よろしくお願いします。


16:45 永野友加吏 (ピアノソロ)
大阪音楽大学卒業。在学中、選抜学生による演奏会に出演。 ソロに加えアンサンブルを積極的に学ぶ。卒業後はクラシックからポップス、ゲーム音楽などジャンルを問わず、ライブハウス、カフェ、サロン等様々なシーンで活動中。第16回 大阪国際音楽コンクール 2台ピアノ部門 ファイナル入選。・さくら幻想曲・鳥の人(風の谷のナウシカ挿入曲)

17:15 UOE<瓜生山オーバートーンアンサンブル>
毎年お馴染みの倍音即興グループです。倍音を操る能力の増加とともに、より混沌とした雰囲気
昨年はハードコアみたいでした。
演奏はすべて即興。口琴、ホーメイを中心に電子楽器、民俗楽器などで不思議な音を奏でます。
    
大和一郎 (演歌)
現役京大生インディーズ演歌歌手・大和一郎
昨日、飲み屋でお会いしましたが、あんな男らしい大学生を久しぶりに見ました。
今年2月、京都宇治で収録された、のど自慢に出演鐘2つ!

18:00 わらく堂(ピアノ弾き語り)
わらく堂(おおが)祖父の文房具店『和楽堂』から名を頂戴し、懐かしい音色と語り言葉を大切に、京都を中心にピアノの弾き語り・ジャンベの叩き語りで活動中。
他に石見神楽。聲明、小鼓といった日本芸能を勉強中
 http://warakudow.com

18:30 KME<京都メディカルアンサンブル>(JAZZ&POPS)
KME 医者とその仲間たち。
年齢 性別 音楽経験などがバラバラな魂たちが
ゆる〜く結合して誕生。
いつでも どこでも 誰とでもオリジナルな味付けで
俺たちの音楽をお届け。no music, no life !


出店 
秘密結茶 
S氏を隊長として、毎年参加頂いてます。
今年はそのS隊長の姉上様が、音の側で出演されます。
音と茶での共演が期待されます。

ぴちぴち金魚
花園駅の南側にあるイタリアンカフェ
毎年、前日までなにを出してくれるかはわからないブラックボックス

ドーナップ
揚げないドーナツ、ドーナップ。
京都の新聞や雑誌の料理コーナーにも出演。
シェルボタニストのページ

ぐるぐるかふぇ
今年の出店はなくなりました


PANORAMA
昨年も出してくれた焼き菓子など
遅めの時間に少しだけ出店予定

Meme(ミーム)
サンドイッチと春のスープを出します🌞
よろしくお願いします🐈♡


[PR]
# by munehito_miwa | 2017-04-15 11:04 | 花見(桜音) | Trackback | Comments(0)