ルート1

出雲路ルートもやっとこさ
神々の国、島根は出雲に入ります。
旧暦の神無月(10月)新暦では12月初旬にお伺い
神々の国、出雲のこの月は、神在月であり、全国の神様が集ってられるそうです。

高速バス深夜便にて早朝5時に松江入り
暗闇の中、もてあました時間をウォーキング

市内の賣布(めふ)神社や朝焼けの松江城を散策。
松江城周辺には神社がいくつか配置されており
稲荷(きつね)さん好きな城主なのか、異常な程のキツネはんの数
薄暗いさなかに見ると
目が合ったような気がしたような気がしないような・・・
ふと笑われたような気がしたような・・・
不気味であります。昼間に見たらかわいいだろうけどねぇ。

車を借りてまずは八重垣神社へ向かう途中、
民間信仰のカタチを道端でみつけました。
f0056808_1724185.jpg

民家と民家の間にわらのようなもので形作られたオロチが祀られていた。
説明もなにもなく、ただそこに祭祀のカタチがあり、虚をつかれた。
何事にも、説明を求めすぎると、逆にわからない世界がある気がした。
[PR]
by munehito_miwa | 2007-05-31 17:05 | 出雲路ルート(島根) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/5504504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 信仰ってなんじゃいな 承天閣美術館 >>