楽器選び

楽器探しは恋人探しに似ている。

私のパートは笙です。
先日、雅楽器の展示即売会があったので、伺いました。
40畳ほどのスペースにずらりと並べられた雅楽器
篳篥・龍笛・笙と眺めていました。

笙の見比べで、一つ一つを眺めたり、触ったり、吹いてみたり
製作者による竹の形の好みも、リードのバランスも様々でおもしろい。
個性があるのね。

その個性により
値段は10万から98万まで。

良いものを見てしまうとなんとやらで・・・

結局、この形で、この色で、この値段で・・・、
 そしてこの華奢で色っぽい、このさわり心地で!!←ココ最重視
などと言っていると、
展示の笙の中では決まらなくなり・・、結果、オーダーすることに。

代価は大きいですが、なかなか楽しいものです。
今は恋人が我が手にくるのを楽しみにしています。
[PR]
by munehito_miwa | 2007-02-06 10:09 | 日常 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/4533172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiruu at 2007-02-06 15:06
えええ、笙ってそんなに高いんですか。ちょっとびっくりです。
でも素敵な彼女になるんだったらそれぐらいの代価も惜しくないかもね。
吹いてあげると ぷいー って言うんだ(^^)
Commented by munehito_miwa at 2007-02-07 11:32
高いんです・・・今週中に出来上がりそうとのこと・・・
ちょっとまって!
お金の工面が!
ぷいーっ!
Commented by 53 at 2007-03-17 14:26 x
ずいぶん前の記事にコメントしてしまいましょう。

笙やっていらっしゃるのですね!
ぼくは今年から篠笛をはじめました。
竜笛や能管に興味があったのですが、なかなか高い。
まあここはひとつ定番から行こうと、いうことで。

定番とはいえ、音を出すのに四苦八苦。
まあのんびりやります。
いつかセッションを!!(笑
Commented by munehito_miwa at 2007-03-22 10:58
篠笛とは渋いですね。
セッションしましょう
日本の楽器は野外でとても響く
あの遠鳴りがたまりません。
<< 見方 修正会? >>