蓮生忌 2015

蓮生757回忌は能管の盤渉音取で露払いとし、
朗詠曲「十方」で導師入堂
蓮生法師の疏にて、新作の平曲「頼綱」を奉納することを告げ。
片山旭星さんの「頼綱」琵琶語り。アシライ(伴奏)に能管の野中久美子さん
曲の締めくくりに連称念仏を時宗は新堀上人の調声にて始めれば、
堂内のあちこちから念仏を称える声があがる法要となりました。

f0056808_1443661.jpg


正月より、案を練っていた蓮生忌
鎌倉時代に生きた人を偲ぶ機会を5回重ねるなかで
鎌倉当時に歌われていたであろう聲明や今様、
朗詠などを法要に組み入れてきました。

f0056808_15103470.jpg


その法要で歌人でもあった蓮生法師の詩を今様で歌ったことが
法師の思いを知りたい気持ちが湧いてきたことが、今回の曲の創作に繋がります。

蓮生忌を始めたことで知り合った宇都宮ゆかりの方に作詞をお願いし
頂いた草稿を、片山氏と私で加筆修正して、
出来たものを片山氏が曲付けしてくださいました。
出家をテーマに、自身の何かを捨てることが他者を救う道につながるような
そういった話になっています。

f0056808_16315545.jpg


私は「謡曲」を書いているつもりでしたが、琵琶語り曲は「平曲」というのですね。
記事にも取り上げてもらったのにすみません。
記事のおかげで、檀信徒様や地域の方々の参拝に本堂が一杯になり、
百人一首の研究をされている方や、宇都宮の血筋のかたも来られ、
また良き縁を頂く会となりました。

f0056808_16474842.jpg


法要の後は、奉納演奏。
野中さんの「羯鼓」
片山さんの「ぎにあたらまう」を祝言としました
[PR]
by munehito_miwa | 2015-11-16 15:09 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/24677775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新嘗祭のお手伝いに 法隆寺の金堂壁画のニュースを見て >>