法隆寺の金堂壁画のニュースを見て

法隆寺金堂の壁画のニュースが印象に残ったのは、うちの父の10歳の時の記憶。

当時の西方寺では、写真左の吉田善彦さんがお住まいされていたらしい。 普段は広隆寺へ蓮の写生にいったりしていたようで、おばあちゃんが弁当を作ったりして持たせてはったみたいです。

定期的に法隆寺の金堂壁画も模写に行ってはったみたいで
しばらく斑鳩に行ってまた帰ってきはるような生活。

拭き掃除がすごく上手だったらしい。

金堂が燃えた時は「えらいことになった」って言ってはったそうな
多分、絵描きさんの火の不始末やったんと違うか、って善彦さんが言ってはったとか、言ってはらへんかったとか。

それで、こんな写真がお寺に残っているのだけど
記憶違いなのか(10歳とかだから)、隣の花嫁は、父には河井寛次郎の娘との記憶があるみたいだが、
河井寛次郎の関係の本を読んでもそんなことはないみたいで、実際はどうなのだろうねぇ、
というのが西方寺の謎になってます。

「法隆寺金堂壁画、初の総合調査へ 66年前の火災で焼損」
[PR]
by munehito_miwa | 2015-11-13 20:14 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/24669034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 蓮生忌 2015 つどう音霊 さきはう言霊 >>