つどう音霊 さきはう言霊

f0056808_13362652.jpg

「キツネもタヌキも妖怪も!お寺に大集合!!」
野中さんと渡辺さんは今年のミラノ万博日本館の出演者
吉永さんも書道で出展されています。
今回はそのメンバーに柳川三味線の戸波さんを加え
お寺でなにやらパフォーマンスをして頂けます。


以下、主催の風迢舎のページより


書と音楽の2本立てのイベントです。
書でお寺の本堂や庫裏を案内したり紹介したりしながら、文字のパワーと書の広がりを楽しんで頂いて、コンサートでは日常と違う別次元にお招きいたします。
見えない世界や普段は意識しない事柄にも目を向けて交流したいと思っております。

日時:12月6日(日)16時開場、17時コンサート

会場:西方寺(京都市右京区常盤出口町1)

予約料金:大人¥2,500/中学生以下¥1,500
    (当日は各¥500プラス)

出演者:吉永益美(書)
    渡辺亮(画・パーカッション)
    戸波有香子(柳川三味線)
    野中久美子(能管)

お申込:風迢舎、各出演者まで
風迢舎FBへのご連絡でも受付けております。

*****
演目紹介
「妖精・妖怪譚」映像と音楽(Perc.&能管)
パーカッショニストであり画家でもある渡辺亮の妖怪イラストを映像化して、紹介する妖怪の性格に合わせて音楽を付けた作品。今年開催されたミラノ万博で初演。

「影法師」柳川三味線
影と戯れる曲。影法師もあるいは妖怪?

「Il Silenzio」パーカッション

     そのほか
[PR]
by munehito_miwa | 2015-11-02 13:43 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/24631866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 法隆寺の金堂壁画のニュースを見て 蓮生757回忌法要(11月11日) >>