蓮生忌 11月11日(水) 「頼綱」奉納

ところでお寺の法要っておもしろいですか?

お坊さんはありがたいものとして
当たり前のように法要されてますが
若いうちから、ライブハウスで音楽を聞き続けてきた結果
こちらで演奏している同年代の人達がすごく輝いてみえてました。
作詞も作曲もして、思いをかっこよく素敵に伝える人達がいる。

振り返れば伝統に甘んじて、あらかじめ決められたことだけをしてる坊さんたちが不思議に思った時期があったのでした。

ライブハウスでバンド組んでやるほど器用でも
想像性もセンスも持ち合わせてなかったのですが
それでも聲明とか雅楽とか謡とかをやりだしてみて
そういう日本のおもしろい文化の紹介や、応用だったら
できるかもしれへんな。ということで始めだした法要が蓮生忌です。

蓮生さんはうちのお寺を開いた上人で
その法要は今年で5年目

法要のプログラムは毎回オリジナルで組んでいき
法華の題目や、天台、浄土聲明 雅楽 踊念仏(和讃)
今様などを取り入れたりなど。

公演には大学教授や地域活動の方、真言宗の住職をお呼びしたりしました。

などなど色々やってきましたが、今年は新しい謡曲、蓮生上人こと「頼綱」を作詞し、筑前琵琶奏者の片山旭星さんと能管の野中久美子さんに演奏して頂きます。
法要はこの5回の取り組みの間に覚えた朗詠か聲明を取り入れます。

11月11日(水)
18時半~法要 19時~筑前琵琶 の予定
平日の夜ですがお越しいただきましたら幸いです。
入堂 お布施 お供養つき(どなたでもお入りいただけます)
[PR]
by munehito_miwa | 2015-10-13 21:47 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/24568110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 宵宮茶会 ガリカイ・ティリコティさん >>