神楽ビデオジョッキーとMAZEMAZEサロン

神楽ビデオジョッキー
本堂を神楽仕様に

f0056808_1057589.jpg


三上さんに神楽の多様性を紹介して頂きました
正直、湯立神楽の混沌と祝祭性にびっくりしました。
参拝者にダイブしたり、湯をそこらじゅうにかけまくるなど
集まっているみんなで湯かけまつりみたいなのは
記憶に刻み込まれるすごい体験だと思います。

今まで見たことある湯立ては、巫女さんが
榊でパシャパシャとする、しとやかなものしかありませんでしたから


京都にいると、あんまり神楽をみる機会がなく
もともとは京都から広がったのではないかとも思われるのですが。
現在残っている神楽は山間部に多いそうです。
なんだかとっても激しい。

山から川へ、川から海へ 海から空へ 空から山へ
自然も信仰も循環しているような気がしています。

f0056808_10583266.jpg


まぜまぜサロンでは
色々なお話をさせて頂き
色々なお話を聴かせて頂き
とても充実した時間になりありがたかったです。

お寺で、コンサートとか映画とか、特殊法要や花見など
変わった催しをするようになって10年になるので
良い振り返りもできました。

当初は、お寺の本分はなにか?
と考えて、檀信徒様以外にも門戸を開いたり、宗教的な勉強をする場所に、など思ってました。
ここ数年は、僧侶の本分はなにか?
それは衆生済度、苦しみからの救済に意識が向いています。

そんな意識の指向性が、お寺や私の活動に
少しだけ?あらわれているさまを振り返るよい機会になりました
[PR]
by munehito_miwa | 2015-10-03 10:58 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/24533215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ムビラ演奏会 ガリカイティリコ... mazemaze秋サロン 9/... >>