西方寺 民族誌映像上映会 10月5日夕刻より

2012年に西方寺で上映会をした、伊藤悟さんの
リックヤートこころを架けることば
(ロシア・モスクワ第6回モスクワ国際映像人類学映画祭のDebut Competition部門にて最優秀作品賞)

本年はその伊藤さんの新作「Sensing the Journey of the Dead」を上映致します。
皆様どうぞお集まりくださいますようよろしくお願い致します。

民族誌映像上映会
Sensing the Journey of the Dead(クリックで予告編観れます)


死者の魂を霊界に送り出す歌
シャマンが精霊を憑依させ、死者の旅の様子を淡々と歌で中継する。
聴衆はその歌の世界に引き込まれ、死者の旅に付き添い見送る。

時 間:45分
言 語:徳宏タイ語 日本語字幕
撮影地:中国雲南省
制作者:伊藤悟

受賞・上映歴
2014年10月開催予定
the XXIII International Festival of Ethnological Films,Ethnographic Museum in Belgrade
第23回 国際民族誌映画祭(セルビア共和国ベオグラード)
コンペティション部門に入選

2013年8月(初版50分)The 17th World Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences
国際人類学民族科学連合(IUAES)第17回世界大会(イギリス・マンチェスター)

10月5日(日) 於 西方寺本堂
17:00 開場
18:00 参考演奏 雅楽 盤渉調越天楽
18:15 民族誌上映
19:00 製作者による解説・質疑応答・演奏
料金 志納(お賽銭)
お問合せ 入逢山 西方寺  右京区常盤出口町1 
       TEL 075-861-3415  Mail mumuhito@hotmail.com


伊藤悟:98年より中国雲南省に滞在し、少数民族音楽を学ぶ。
特に、故エンダーチュエンよりタイ族の「ひょうたん笛」(フルス)を学び、その音色や歌に惚れ込み村々の老人を訪ねて回る。
その後もチェンマイやラオスで音楽を学ぶ傍ら演奏活動を開始。
アジアの民族芸術の研究ならびに、日本、中国そしてタイで演奏活動を行なっている。
民族誌映像第1作 映像作品"Creation and Chanting of Lik Yaat" (こころを架けることば)
第6回モスクワ国際映像人類学映画祭Debut Competition部門にて最優秀作品賞を受賞
people,Life and music

参考
哭きうた その1
哭きうた その2
哭きうた その3 シャーマンの交感の技法
哭きうた その4 感覚をひらく
[PR]
by munehito_miwa | 2014-09-09 15:45 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/22782340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 上映会を終えて これからの予定 >>