桜と音の後日談2

f0056808_15303295.jpg

この桜の会をしようと思った時に、閃いたのが桜の樹の下でムビラ
念願が叶いました。実近さん、サプライズで来てくれた石村さんありがとでした。

そして、実近修平さんは、6月9日(日)13時から西方寺でムビラLiveです。
料金投げ銭。境内のどこかで予定してます。お茶付き。


f0056808_15353424.jpg

最近はお寺でインド古典音楽は定番になっている気がします。
カレーにらっきょ、とか、ご飯に漬物みたいな、合物なのかもしれません。
ばやんさんと、正野さん。
永運院などで、よくインド音楽のイベントをされていますが、
最近、演奏もめきめき上達されていて頭が下がる思いです。

ボリウッドダンスのプラクリティさん
誰か写真を持ってませんか?
私は見ることがあまり出来ませんでしたが、なにやら賑やかでした。

f0056808_15441475.jpg

ひょうたん笛(フルス)の伊藤さんは西方寺は3回めと
お馴染みになってきてとても嬉しいです。その音色は飽くことを知りません。

f0056808_15392850.jpg

二胡の泉さんは、他の出演者の方々と違い。はじめてお会いしたのですが、
とても音の評判が良かったようです。ちゃんと聞いとけばよかった。

深井遊山さん
の尺八 相変わらず、私聞けてませんが、
友達の歌う僧侶RYMYOさんがレポートを書いてくれました
RYUMYOさん
ほんとにありがとう。来年は歌う僧侶で出演お願い致します。

f0056808_1554331.jpg

そしてcumomoのお二人。スタンダードのJAZZを演奏してくれた、はず。
写真を見る限り、とても良いLIVEだったのでは?
相変わらず見れませんでしたが、お寺近くのmusic cafeソーエンでよくLIVEをされています。また機会を見つけて。

f0056808_155720100.jpg

ウードの常味さんは、圧巻の一言。
出演者の誰もが1番に声をかけてられていました。
桜の会にお願いするかどうか、悩んでいたのですが、
偶然なのか必然なのか、悩んでいる時に道端で常味さんとばったり。
その場ですかさず出演をお願いした事が、より忘れられない日に繋がる事になりました。

f0056808_1623763.jpg

トリは桜井まみさんと土持上人
まみちゃんとは、気づけば10年ちかく彼女のうたを聴いていて
満を持して、というか、本当にそんな気がする縁で
「花が咲いたら良い景色♪」
という最近作らはった曲を、花の天井で最後の出番で歌ってもらいたかったのでした。

f0056808_1681072.jpg

天井絵は全部で200枚程あるのですが、
友二さんが10年前に2年かけて、一人で描いて奉納してくださいました。
今年の春先だったのですが、ほんとによい供養になったのじゃないかなぁ。

桜と音の後日談1
[PR]
by munehito_miwa | 2013-05-11 15:46 | 花見(桜音) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/19370040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 欲張りなお知らせ 桜と音の後日談 >>