夢魔

南座へ玉三郎様の公演

まさに夢見心地
初めて歌舞伎体験


友達が
「タマサブ様と同じ時代に生きている事」

「それってすごい幸せなことなのよ!」



というように、とてもお勧めしていてくれていたので、楽しみにしていましたが
あんな綺麗な男の女性がいたものだ。

能の幽玄とはまた違う色気に溢れて溢れて




なんであんなに綺麗なんだろう。

うっとりしすぎて大変でした
[PR]
by munehito_miwa | 2010-06-24 21:30 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/14046073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 物事をよくよく考える=修行? ある程度の年齢の人が少年より元... >>