呼吸に意識のあるとき

知り合いの食に関するセミナーにて、笙を吹いてきた。
食の考え方も陰陽五行 笙など雅楽も陰陽五行の思想
食も音も、川も木も土も火も金も、
万物自然はみな循環していることを気づくためのピースで
それをはめつつ、世界を広げ、クリアにみていく過程のような気がする
それを意識して俯瞰してみていくことで、
ある程度の安心を得ることができる気がしてる。

笙や謡をするときはいやがおうでも自身の呼吸に意識が向き
腹の動き咽喉の動き、胸の緊張 額を伝う汗 毛穴の感じ
外に出ている音 中に響いている音
それらが人ごとのように、今の瞬間に流れている感覚

「勝手に動いてくれている」など
オリンピックを観ていたときの選手の言葉で顕著だったのは
皆、自分の体をひとのもののように話しているような感覚

それは、よく宗教でいう「体は神からの借り物」的発想だが
しってかしらずか実体験している人の場合は信じられるが
口で煽り、体験のないのは愚
頭よりまず行動することによって、正しく進める分野のなんと多いことか


様式、しきたり、型


の重要さを今更に思う
[PR]
by munehito_miwa | 2010-03-10 23:07 | 日常 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/13065212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiruu at 2010-03-14 00:38
何度も読み返してしまいました。
いいもの読んだなー、という気分です。ありがとう。
Commented by munehito_miwa at 2010-03-14 22:19
いやすみません。
推敲してなくて、読み返してみれば
読みてにかなりフォローのいる拙い文章で
でもよろこんで頂きうれしいです
<< ブラミッダ ラーガとターラの世界 >>