恒例参拝登山

f0056808_17173497.jpg

毎年恒例の愛宕登山
珍しく雪が降ったので、溶ける前に。
市内には雪が残っていないにかかわらず、麓より雪が残っていた。

f0056808_17203464.jpg

序盤の大杉権現さんには、とりあえずあらゆる神の石柱が奉納。
ほんとにとりあえずだとおもう。天御中主やスサノオや出口さんや、なんでもあり。
日本の文化の懐の広さに思いはせる。。。

f0056808_17222390.jpg

f0056808_17232588.jpg

f0056808_17234853.jpg

途中、下からの吹上が強くなったので、参道をはずれてみれば、
木々に横殴り、もしくは下殴りの雪風。雪のスジが入っていた。

f0056808_17255444.jpg

f0056808_17263631.jpg

黒門あたりまでくれば、雪と風の造形。雪が粉雪に軽くなってきた。
f0056808_17275043.jpg

到着

帰りは愛宕参道をはずれ、白髭神社に寄り、大杉谷よりおりました。
f0056808_17303982.jpg

視界に流れる桂川と
f0056808_17311612.jpg

真ん中の小さい瓢箪みたいな緑の丘が、双ヶ丘。

愛宕山より、秦氏に関係する地域を眺めつつ、下山す。
途中、立派な磐座があったが、特にお祀りはされておらず。

愛宕さんは、戦前、ケーブルが山頂付近まで伸び、茶店や旅館、スキー場などで賑わったようですが、
現在はほぼ閉店しています。

愛宕山には大きなスケールの磐座が幾つかありますが、
もし、こういった箇所をひとつひとつ、しっかりお祀りするならば、
この地域が復興することもあるのかな、と思った。
後、植林で山が死んでいる箇所の処理と。。。
[PR]
by munehito_miwa | 2010-02-10 17:39 | 神社仏閣(京都) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/12824166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 旧正月 いくつになっても・・・ >>