お参りの合間に

昨日は彼岸の中日でした。

とかく、日本人は「間」というものが好きなようで。
彼岸は昼と夜が半分半分ということで、その「間」とあの世とこの世の「間」とかけてるのかな、と。
その間の中の日である昨日は多くの参拝の方にお越しいただきました。
故人が彼の岸にある極楽のさらに上へ行くために、実体のある私達が代わりに功徳を積んで
故人の後押しをしようと。

実際には、暑さ寒さも彼岸までと、季節の変わり目は体調を崩しやすいので
自身の状態をみつめなおす機会として、自身の先祖さんと向き合い、自分の心と体に向き合うことによって
心体の不調を和らげようとしたようにも思います。

f0056808_1251843.jpg


先週の熱気で、木蓮or辛夷?が満開に。

f0056808_1252326.jpg


例年、彼岸の頃よりも後に咲いていたように思うのだけれど・・・。

今年は
桃のピンクと白と五色の幕で、彼岸らしい雰囲気になっています。
[PR]
by munehito_miwa | 2009-03-21 12:54 | 自坊行事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saiho310.exblog.jp/tb/10601521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< チベットの写真とドキュメンタリ... 不即不離 >>